母ひつじのぼやき

子供が通う中高一貫校の話と、その他色々

中高一貫・塾なし

時々、「塾に通ってる子はいいな~」と言う我が子。

子供が通う中高一貫校は、学年の上位4分の一以上の成績ならいわゆる難関大学に合格出来るというレベルの学校です。私立の学校ということでお金持ちの家のお子様も多く、保護者が来校する日などは駐車場には高級外車もめずらしくありません。塾に通っている子も多く(東進が多い)、中には2つの塾に通っている子や小さい頃から海外に住んでいて英検2級を持っているというお子さんもいます。

 

我が家はごく普通のサラリーマン家庭で当然お金持ちなどではなく、子供を私立中高一貫校に通わせると毎月の学費の支払いでいっぱいいっぱい!塾に通わせる経済的余裕などありません。でも塾に通っている子に差をつけられたくないし、塾に通わなくても難関大学に合格するお子さんもいるはず。我が家は親の学歴は残念ながらあまり高くないので、塾の良いところをマネすれば良いのでは?と思いました。

 

塾の良いところは、

①時間が来たら嫌でも勉強しなければならいない

②効率の良い勉強の仕方やポイントを教えてくれる

③テストに慣れる

という所でしょうか。

我が子は今のところは自発的に勉強に取り組めているので①はとりあえず大丈夫、

②は頑張って先生に質問してもらうしかありません。

③は一般生でも受けられるテストを利用する。もしくは自宅でテストを作る。

我が子はまだ中1なのでこの方法で行けそうですが、学年が上がると心配です…。